どうして私には、内臓脂肪が溜まりやすくなり肥満気味という悩みがあるんだろう? その原因や「睡眠薬(レンドルミン)」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

睡眠薬(レンドルミン)で内臓脂肪が溜まりやすくなり肥満気味とお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、まずまず寝る態勢を整えることが必要です。熟睡できなくて困っているようなら、まずは眠る体勢から整えていきましょう。寝る体勢は、自分に合ったものを選ぶことが大切です。熟睡できず、身体が不自然と感じたら寝具を変えてみるのも良いでしょう。基本的には、ベッドや布団などの寝具を変えることで良い方向へと向かいます。ただし、素材が綿や毛布では安眠できません。寝具をなるべく綿や毛布以外の素材のものに切り替えてみましょう。固さや快適さの面から好みでない場合は、ベッドや布団をマットレス・布団などに変更することも効果的です。特に暑がりの人は、寒い季節が来たら思い切って冬用の寝具にしてみることもおすすめです。布団も枕もできれば毎日洗いたいところですが、難しいようなら定期的にクリーニングに出すなどして清潔に保ちましょう。安眠できるアイテムを取り入れるだけで、ぐっすり眠れる可能性が見えてきます。また、一日の終わりに手足を温めたりストレッチをするなどして、身体の緊張をほぐすことも有効です。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、好きな趣味です。とくに映画鑑賞は、じっと集中することになるので、心も体もリラックスできるでしょう。ただし、睡眠不足になったり、眠りが浅くなったりすると、ストレス解消どころか逆効果になってしまうので、ほどほどにしてください。毎日の就寝前の一時間は、テレビやスマホの電源はオフにし、映画鑑賞などの趣味の時間をとるとよいでしょう。おすすめは、今ご紹介した「寝る前の1時間」です。どうしても眠れないときは、ハーブティーやアロマを使うのもおすすめです。ハーブティーやアロマにリラックス効果があるだけでなく、寝つきもよくなるので寝不足で悩む人にも向いています。ただし、ハーブティやアロマは、さまざまなタイプがあるので、自分の体質や症状に合うものを選びましょう。好きな香り、苦手な香りがあるので、まずは、1種類だけ試してみるのもよいでしょう。特に、アロマはリラックス効果だけでなくて、女性の悩みなどをサポートする作用があるものも販売されています。好きな香りに出会えたら、日々の生活の中に上手に活用したいですね。よいストレス解消にはいろいろな方法があります。自分に合った方法を探してみましょう。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、たとえば睡眠薬(不眠症や中途覚醒など)を思い浮かべる方もいると思います。たしかに不眠症に睡眠薬が効果的な場合もあると思いますが、やはり睡眠薬で睡眠をとり続けていると、依存性が出ることもあるので注意が必要です。そこで今回は「睡眠薬に頼らない」「薬の量を減らしていく」の2つに的を絞って具体的に考えてみたいと思います。ただしこの方法は大抵の場合は一生継続していく必要があります。薬に頼らないためには、不眠に悩む期間そのものを短縮(いかに短いサイクルで眠りにつくか)する努力と、眠ることだけに集中せず眠りにつきたいと思う時間をコントロールする努力をしなければならないからです。今の自分の日々の努力は何一つ無駄にしていないと思える日々にしていきましょう。 まずは「睡眠薬に頼らない」方法について考えてみましょう。 これは結構重要です。というのも、睡眠薬を服用していたら飲酒も当然ですが禁煙も出来ないからです。睡眠薬に頼らないで眠りたいならば、まず睡眠薬に頼らない方法が確立するまでは断薬を目指しましょう。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました