どうして私には、免疫力が落ちて、病気にかかりやすくなるという悩みがあるんだろう? その原因や「睡眠薬(レンドルミン)」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

睡眠薬(レンドルミン)で免疫力が落ちて、病気にかかりやすくなるとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、体温はとても大切な働きをします。眠くなってベッドに入って、浅い眠りに入ったとき、血液が全身にくまなく行きわたります。血液が行きわたると、脳内は水分で満たされます。すると、神経細胞間の情報伝達がスムーズになることで、良質な睡眠が導かれます。ですから、健康な毎日を送るためには、深い眠りである「ノンレム睡眠」をたくさんとることです。深い眠りのノンレム睡眠では、たくさん成長ホルモンが分泌され、老化予防にも役立つことから、アンチエイジングにも効果的なのです。さらに、「入眠」と「覚醒」のリズムを整えて脳をスッキリとさせてくれます。熟睡するために大切なことは、「ノンレム睡眠」を増やすことです。もし、深い眠りにつけていないなら、効果的な「入眠儀式」を試してみましょう。また、明るい部屋から眠ろうとするのは逆効果。部屋を暗くしながら眠るのも効果的です。注意してほしいのは、寝室の照明を意図的に暗くしてしまうことはやめておきましょう。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、趣味の時間。休日にもなればついついゲームを始めてしまい、気がついたら夜になっていた……という方もいるでしょう。しかし、最近は家でゲームをするよりも、スマホやパソコンを使って外で楽しめる「ひとりカラオケ」が気軽にできて、特に女性からは話題になっています。ひとりでカラオケに行くことが苦手という方は、一度「あずみ」さんに行ってみましょう。入店してから出てきたまでの時間が、ストレス解消になっている……そんなカラオケ店なんですよ。ぜひ一度、「あずみ」さんを体感してください! ──ここまで6回、女性のストレス解消法をお伝えしましたが、いかがでしたか? よいストレス解消法を見つければ、ストレスを溜めずに済むかもしれません。ストレスは体だけでなく、精神面にも影響を与えてしまいますから、適度に取り入れてしまいましょう。そして、悩みごとやストレスを抱え込まずにすむよう、ケア方法を身につけてください。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、どんなものでしょう。眠りを良くするために欠かせないのは、食べ物や飲み物です。飲み物は、カフェインが含まれているもの、利尿作用があるものを避け、アルコールは睡眠の質を低下させてしまい、かえって不眠になりかねません。食べるものといえば、朝ごはんから昼ごはんまで、バナナやリンゴやヨーグルトといった果物、魚や豆腐、納豆、牛乳、卵といったタンパク質、ほうれん草やブロッコリー、パセリ、ほうれん草の葉、レタス、ネギ、小松菜などの葉野菜、レンズ豆、枝豆、豆腐、チーズやヨーグルト、米やパン、アーモンド、海藻類、きのこなどです。寝具は毛布やマットレスといったものです。枕、敷布団、まくらなども眠りの質を高めるために重要です。そして寝る直前にスマートフォンやゲームやテレビを見たり、パソコンを操作したりするのは、眠りを妨げる原因になります。室温も適度な状態にしておかなければなりません。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました