どうして私には、ボケやすくなり、脳の働きが衰えてきたかもしれないという悩みがあるんだろう? その原因や「ストレス」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

ストレスでボケやすくなり、脳の働きが衰えてきたかもしれないとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、睡眠をすることで、成長ホルモンの分泌を良くすることで、寝付きが良くなります。そのためには、夜寝る1時間前に、リラックスすると、次の日に疲れを残さなくなります。夜の10時に寝ると、しっかりと睡眠が確保できます。入浴も、熱いと感じるくらいの温度で、リンパを流します。その後、肩甲骨周りをゆっくりと回す運動をすると、血流が良くなり、寝やすくなります。眠る前には、カフェインやアルコールの過剰摂取も、寝付きが悪くなります。寝る前の4時間は、お酒やコーヒー、お茶は摂らないようにしましょう。毎日、寝る前にしっかりと休んでいない人は、日中の疲れが取れていないので、夜はぐっすり眠ることができません。そのため、仕事のストレスも、ストレス解消法で発散させる必要があります。忙しく働いて、ストレスを溜め込むのは、最悪です。ストレスを発散するためには、家族と楽しい時間を過ごしたり、趣味に没頭する時間を作り、毎日リラックスして過ごすのが大切です。ストレスを解消できれば、寝ている時も、すっきりして、質の高い睡眠がとれるようになるでしょう。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、お好きな音楽やスポーツ、ゲームなどを楽しむことです。眠れなくても音楽を聴いたり、おしゃべりをしたりして、ボーっとする時間を作りましょう。スマホをいじっているのを人に見られたくないという方は、イヤホンやヘッドホンで音楽を聴くのもおすすめです。頭の中をおしゃべりで満たすのもよいでしょう。パソコンやスマホを見すぎている人は、時間を決めてみるのもいいですね。マッサージなどで頭や肩の筋肉をほぐすのも効果的です。特に、目の疲れで頭が重たいときは、ホットタオルで目の周りの血行をよくしてほぐします。また、眼精疲労には、目薬を使うのも効果的です。マッサージや蒸しタオルでほぐした目も、薬で血行をよくすることで疲労回復の効果が期待できます。目薬はよく効く市販のものが市販されていますので、ドラッグストアや薬局で購入するのもよいでしょう。ただ、目薬は人によって効き目が異なります。ここでは、肩こりなどの一時的な血行不良の改善目的のために使用するのをおすすめします。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、睡眠薬や入眠剤、アルコール、そして精神を安定させるための精神安定剤などがあります。これらが入眠を助けてくれますが、依存性があるものも少なくありません。眠気をまぎらわすため、精神安定のためにと知らず知らずのうちに服用している人も多いのではないでしょうか?これらは依存症などの副作用がなく安心して使うことができますが、依存しているぶん手放すことへの不安が大きくなります。習慣的に服用すれば、服用をやめると強烈な睡魔に襲われるため、薬に頼るしかありません。薬が減ったとき、やめたときの離脱症状が怖いという人もいます。こういった理由で、減薬・断薬に踏み出せない人もいます。しかし、過度なストレスを抱えているときや、不眠症の症状が重いときは薬を服用することが必須です。病院やクリニックで睡眠薬を処方してもらうなど、医師の判断を仰ぎながら行うようにしましょう。医師の指示に従って薬を減らしていけば、自然と依存する薬物も減っていくはずですし、完治もできます。そのため、医師と話し合いながら、少しずつ減薬・断薬を進めてください。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました