どうして私には、お酒ばっかり飲んでしまうという悩みがあるんだろう? その原因や「不眠症」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

不眠症でお酒ばっかり飲んでしまうとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、目覚めが必要です。体の細胞がすべて目覚めるために必要な時間帯があります。それは午後10時~午前2時の間。この時間を睡眠のゴールデンタイムといい、午後10時はもっとも眠りにつきやすい時間なのです。この時間帯に深い眠りに入ると、脳と体の疲れが取れ、その日1日を元気に過ごすことができます。ですから、忙しい毎日の中で、ぐっすり眠るのは難しくなるかもしれませんが、できるだけこの時間に熟睡できるように心掛けてみましょう。睡眠のゴールデンタイムには、なるべく同じ時間に寝て起きるようにすると、効果がアップしますよ。布団に入るのは、午後10時くらい。部屋が暗くて、電気を消すのが少し遅くなったり、寝る直前にスマホを見たりするのはNGです。睡眠にとって良くない習慣は、すぐにやめるよう心掛けましょう。また、明るい室内での照明は午後10時から午前2時の間の間は、暗めに設定するようにすると、ぐっすり熟睡できますよ。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、散歩やストレッチ、読書、ゲーム、ピアノの演奏などの運動を定期的に行うことです。運動には、ストレスホルモンの分泌を抑制する効果もあります。定期的に運動を行い、体力や気力を向上させることにより、メンタルヘルスの安定につながります。運動をする時間帯は、できれば午後がよいでしょう。午前中の有酸素運動は、午前中脳が混乱気味になりやすい時期を避けるためにも、午後がおすすめです。ただし、運動をする時間がとれない場合には、夕方早めにかつ朝早くと、脳に刺激を与える時間を長く保つことによって、効果が高まるでしょう。仕事の合間や帰りに、歩いて25分の距離を週に1回といったように、決まった期間行う、ミニ運動を習慣化するのは、おすすめできます。食事改善も、ストレス改善に役立つ方法です。不規則な食事パターンは、ストレスを増やします。また、栄養バランスの偏りは、肥満の原因にもなります。ここでは、ストレスによる免疫力低下を予防する方法について、説明します。ストレス解消のための運動は、仕事のストレス解消につながります。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、その前にぐっすり眠る必要があります。そこで活躍してくれるのが枕です。枕なしだとぐっすり眠れませんし、快眠にもなかなか慣れません。枕は寝床で寝ているとすぐにズレるものだというイメージがありますが、そんなことはありません。枕を上手に使えば、快適に眠ることができ、快眠の習慣を身につけられるはずです。枕を使用することでどのようなことができるのかまとめてみました。頭を支えるために重要なのが枕の存在です。人間が寝ている際にかかる体にかかる重… 枕を使った快眠法まとめ 人間が快適に寝られるかどうかは枕の質が大きく影響します。そこで、枕の正しい選び方や使い方について、よく耳にする「低反発・高反発」や「ニューウエーブ」などの枕について紹介しています。更に快眠ライフを送るために有効な、枕の選び方もご紹介しています。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました