どうして私には、イライラしたり、気持ちが不安定で人間関係もうまくいかないという悩みがあるんだろう? その原因や「不眠症」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

不眠症でイライラしたり、気持ちが不安定で人間関係もうまくいかないとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、寝ても朝起きても体の中の静電気を取り除いておく必要があります。定期的に体をリフレッシュするために遠赤外線のグッズが役立ちます。遠赤外線は細胞を活性化してくれます。さらに自然のポカポカした温かみも気持ちいいものです。おすすめは岩盤浴や岩盤ヨガなど体を温めてくれる方法です。これが熟睡の秘訣になります。また、小脳の働きも、非常に睡眠に重要な関係があります。そして、脳から心臓へ向けての血液循環をうまくすることも大切です。そうすれば細胞内外の電気の整流ができるので熟睡状態に入ってきます。そのためにはゆったりとした睡眠をとることを心がけることも重要です。人の顔色は睡眠中に一番変わります。寝起きは顔色が悪い場合が多いでしょう。また、肌が乾燥したり日焼けによるメラニン色素が多く作られると脳が覚醒してしまうので、これらを軽減するスキンケアも熟睡のために重要です。また、体の筋肉をこわばらせておくと熟睡できないだけではなく、体にも様々な弊害を起こすようになります。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、やはり体を動かすことで良いリフレッシュをすることです。体を動かすのが好きな人ならジョギングや水泳などでも良いのですが、あまり運動に慣れていない人がいきなりジョギングなど身体を鍛えるためのトレーニングをするのはかえってストレスの原因になってしまうこともあります。大切なのは毎日続けられる程度の運動であれば継続していくということ。何事も三日坊主ではいけません。ウォーキングでもかまいません、いきなりジョギングを始めなくてもウォーキングから始めてみることから始めてみてはいかがでしょうか。自分のペースで散歩するだけでも気分転換やストレス解消になるものです。しっかりとストレス解消ができるようになるまで続けてみましょう。散歩は有酸素運動ですが、中でも効果的なのは30~40分程度歩くことです。少し距離が長めでもかまいません。お気に入りの音楽を聞きながら体を動かす、そんな風に楽しく続けられるのがウォーキングをすることの魅力でもあるのです。まずは生活の一部にウォーキングを慣らしながら、運動習慣を身につけることをおすすめします。ウォーキングをはじめることで体だけでなく、ストレスも発散できる良い生活習慣になれるといいですね。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、入眠のための準備運動である「入眠儀式」が欠かせません。しかし睡眠を活性化するためには、たった1度だけ眠っても十分な効果が得られないのです。毎晩睡眠をより効果的にするためには、少しずつでも変化を付けるようにした方が良いです。今回寝る前の15分だけでも取り組むことが出来る入眠儀式を10個、詳しく説明していきます。どれも簡単に出来るので、睡眠に対する悩みを抱えている女性は、是非参考にしてください。 それではさっそく、1番重要な「リラックス」を重視した3つ紹介していきます。 1、「自分の限界に挑戦する」寝る前に何かをすることで、気持ちを落ち着かせることが出来ます。眠れないとイライラしてしまうことや、不安になってしまうこともあると思います。それが、限界に挑戦することで、気持ちを落ち着かせて眠ることに専念することが出来るのです。なのであえて、自分の限界に挑戦してみてはいかがでしょうか。 眠れなくても、睡眠時間を削る!眠れないと次の日は辛いので、睡眠時間を削ることをオススメします。例えば、「10分でトイレにいく」「10分電車に揺られる」などなど。気持ちを切り替えるのには、適度な運動が一番です。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました