どうして私には、性機能が低下してきたという悩みがあるんだろう? その原因や「不眠症」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

不眠症で性機能が低下してきたとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、眠れる環境を整えることが何より大切です。たとえば、掛け布団やマットレスは体の形や温度に合った物を選びましょう。エアコンのつけっぱなしやヒーターの利用は控え、寒暖差があると自律神経の働きが乱れ、熟睡できなくなる恐れがあります。また、体がしっかり休まらないと、寝不足が解消されず、体調不良の原因になりかねません。温度差が最も大きくなるのは、室温が15~20度です。これは、毛布1枚分の広さですので、快適に眠れる環境が整えられていれば、多少体温が変化しても問題ありません。しかし、寒いと感じる場合は、上半身や足元にブランケットや毛布を掛けて温めるようにしましょう。温度調節用の毛布やカバーを使うなど、使用方法も工夫して快適に眠れる環境を整えましょう。そして、パソコンやスマホ、テレビを見るときは、室内照明をやや暗くしてリラックスできる環境にすると良いでしょう。部屋が暗いほど睡眠の妨げになるので、寝る時は明るすぎない照明にすることが大切です。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、リラクゼーション関連のツアーに参加することです。旅行などに出掛け、日頃溜まったストレスを解消するだけでも疲労感が違います。リラックスすることで気持ちが高揚すると、体力回復効果も望めるでしょう。旅行をする際には疲れた体には温泉がぴったりなので、宿泊先で旅の疲れをとることも一つの手段です。サウナやスーパー銭湯などもいい刺激になりおすすめです。ビジネスマンが仕事のストレスを旅行で発散するという場合もあります。仕事でミスをした時など、息抜きをしないと気が休まらないということも良くあります。仕事の愚痴などを共有できる仲間との旅行には緊張緩和などの効果もあります。旅行後の温泉で体をほぐすことは、旅の疲れを回復するには最適です。ストレスは知らず知らずのうちに溜まってしまうので、定期的に発散することが疲労回復の近道になります。 疲労とストレスはセットで語られがちですが、それぞれ全く異なるものです。両者の混同は、後に思わぬ問題を引き起こすことになるので注意が必要です。疲労により眠りが浅くなっている人の多くは、ストレスも蓄積している状態にあります。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、睡眠導入剤か何かですか? 実は眠り自体が、私たちの人間的な成長には欠かせない要素なのです。では、睡眠が私たちにどんな良い影響をもたらすのか、その真実を確かめてみましょう。 よく眠るためにはどうしたら良いですか? 専門家ファイザー社によると、私たちの睡眠は3時間ごとにレム睡眠(脳が起きている状態)とノンレム睡眠(深い眠り)を繰り返しているそうです。 そのノンレム睡眠から目覚め、私たちが日常生活を送れるようになるのはレム睡眠中だそうです。 つまり、目覚め後、しっかり熟睡していることが私たちの成長と心身の健康にとって大切で…moreす。 睡眠を妨げるものは? 熟睡できていないとき、私たちはしばしば夜の早い時間帯に目が覚めてしまうことでしょう。しかし、これが良くない場合もあります。 例えば、夜遅くまで仕事をした後、布団に入る前にカフェインを摂りすぎると、脳が活性化してしまいます。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました