どうして私には、深く眠れないという悩みがあるんだろう? その原因や「不眠症」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

不眠症で深く眠れないとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、適材適所の寝具を組み合わせることが大切なのです。なぜなら、寝具は体に合ったものを選ばないと体に負担がかかることになってしまうから。そのためには寝室の環境を確認することが大切なのです。寝室には、大きく分けて以下のような寝具が置いてあるでしょう。まず、ここでの注意点は、ベッドにマットレス。マットレスは、敷布団が敷いてあるかどうかで使いわけるようにしましょう。ベッドに敷布団が必要なのは、どのような人でしょう。それは、ベッドも畳のように体を支えることが好きな人で、下半身の沈み込みを極端に嫌う人です。つまり、床からマットレスに寝返りをうつことで姿勢を矯正する必要があるような人。そのような人は、ベッドにマットレス。マットレスは、体全体をマットレスで包み込むような使い方が良いでしょう。そして、マットレスには大きさがあります。シングル、セミダブル、ダブル、クィーンなど。この中から、自分の寝ている部屋の大きさに合ったものを選んで下さい。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、ボーリングやカラオケ、サーフィンです。自分が好きなスポーツであれば、同じ気持ちで競技を楽しめることでストレス解消になりますし、今まで知らなかった人と交流できたり、話題に事欠きません。ゴルフやボウリングも、一人で楽しむよりもチームプレイの方が盛り上がるのでよいでしょう。また、趣味仲間と定期的に集まれると、ストレス解消効果も高まりますし、リフレッシュにもなります。お互いに体を動かす趣味を持っていて、なおかつ気軽に集まれる仲間がいれば、どんな趣味の人とも安心して仲良くなれるメリットがあります。素敵な趣味を通して、心身ともにイキイキとした日々を過ごすのも、ストレスのない生活への第一歩です。それ以外にも、ストレスは万病の元だという言葉の通り、ストレスが多いと様々な病気にかかってしまうことも。知らず知らずのうちに緊張状態が続いているのがストレスフルな環境です。適度な息抜きをしてリラックスした状態を保つことが、体と心の健康に役立ちます。体が不必要に緊張していると、その分だけ血管の収縮力も強くなります。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、ただ一つ「枕」でしょう。合わない枕で毎日眠れないのって、ものすごいストレスですよね。頭の形にあった枕、高さや硬さがちょうどいい枕、素材や通気性のあるものなど、自分に合った枕を手に入れれば、ぐっすり眠れるようになるはずです。そこで、おすすめの枕を厳選してご紹介します。自分にあった枕で、気持ちよく眠れる生活を手に入れましょう!2,645 views【寝つきをよくする】ヘッドレストクッションのおすすめ人気ランキング15選寝るときの姿勢って、意外と重要です。横向きやうつ伏せになると、からだにとって良くない影響を与えるので、ベッドに入ってから寝つきをよくすることで、ぐっすり眠ることができるようになります。ヘッドレストは首や肩をリラックスさせ、良い姿勢を保ち、自然な寝返りをうつためには必須のアイテムといえます。しかし、「首の負担が軽減できるからOK」とか「頭を支えてくれるから大丈夫」という勘違いをしている方もいるのではないでしょうか。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました