どうして私には、睡眠薬があまり効かないという悩みがあるんだろう? その原因や「不眠」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

不眠で睡眠薬があまり効かないとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、最低でも2時間前には照明を消したり、エアコンのドライ機能を切ったりする必要があります。お風呂に入る場合は、寝る3時間前くらいからぬるめのお湯につかり、半身浴などをして体を十分に温めましょう。パソコンを使っているとき、スマホの液晶画面を見る時、車の運転をしているときなどは、まぶたを閉じても眼球の動きは起きているときと同じ速さですので、眠りが浅くなりがちです。寝室を電気で明るくしてテレビを見るのではなく、本を読むなどして目を休ませたり、テレビやスマホの画面を横長にして見ない工夫をしたりするなど、短時間でも脳を休める工夫をしましょう。寝る前は、ベッドに入る30分くらい前からカフェインの多い飲み物や、眠る直前の食事の摂取は避けましょう。また、眠る1~2時間前くらいからは、軽い運動で体温を上げ、脳を活性化させたり、好きな香りのアロマを楽しんでリラックスしたりして、興奮を鎮めるのもおすすめです。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、通勤電車の中で静かに過ごすなど、自分の好きな事を集中できる環境に身を置くことです。特に、「音楽」や「会話」は脳に影響することが分かっています。そのため、歌う、話す、聞く、聞くといった行動がお勧めです。例えば、通勤の行き帰りには、お気に入りのCDを数曲聴くだけでも、ストレスを解消できる効果が期待できます。他にも、通勤時間は電車の移動を時々行う事で、体を動かす機会にもなります。できるだけ階段を多く使ったり、エレベーターよりもエスカレーターを使い、歩いている中で体を動かす習慣をつけるとより効果的です。また、混雑する電車では、多くの人がストレスを感じてしまっているため、その流れに乗ることができず、ストレスを感じやすい状況にあると言えます。空いている時間帯を利用したり、降りる駅を前もって決めておくなど、ストレスを溜めないような時間管理をしっかり行うこともポイントです。電車での移動中や、作業をしている時は、適度に息抜きをしましょう。電車の中では、うたた寝したり、立ったまま携帯をいじるなど、体がリラックスできる時間も取りましょう。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、数えるほどですが、夜間深い眠りにつくためには、「体温の調節機能が十分に働いている」「適度な眠りの量と質が確保できている」「睡眠中、呼吸が上手に保たれている」ことが必要になってきます。これは、心身ともにリラックスして、十分に休んでいなければならないということ。健康な人であっても、質の悪い眠りの習慣を続けていると熟睡感が得られないだけでなく、体や心にも支障をきたしてしまうこともあります。睡眠のリズムや質が悪くなっている場合は、どのように改善すればよいのでしょうか。今回は睡眠の質を改善し、よく眠れる身体になるためにはどのようなことに心がけたらよいかについて考えてみましょう。適度な睡眠は必要ですが、過剰にいるとかえって眠りが浅くなってしまいます。心地よい睡眠のためにも、今のうちに自分の睡眠の実態を知っておきましょう。1. 不規則な睡眠時間「睡眠時間は、日によってばらつきがあるけれど、トータルで最低6〜7時間は必要です。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました