どうして私には、お酒や睡眠薬に頼らないと眠れないという悩みがあるんだろう? その原因や「不眠」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

不眠でお酒や睡眠薬に頼らないと眠れないとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、いかに耳栓をして眠るか、それはとても大きなポイントです。寝る直前の入浴は、体温を下げるためにより良く眠れますが、湯船につかって体温が上がってしまうと耳閉感が出ます。入浴のタイミングは、就寝の1時間以上前がおすすめです。その場合に効果的なのは、体が温まったら途中で寝ることで、温まった体温をすぐに冷まさずに眠ることで、眠る時に耳閉感を感じることも防げます。ただし、ぬるめのお湯での半身浴がお勧めです。激しい運動や長時間起きていることなど耳に負担がかかることはしないようにしましょう。耳栓には、有線のものと無線のものがありますが、性能は価格もピンからキリまであるので、色々調べて比較して選びたいところです。耳栓をするなら自分のライフスタイルにあったものを使うことをおすすめします。忙しい朝でも、簡単に耳栓が出来る便利なものもあります。耳栓は、締め付けすぎても外れやすくなってしまいますので、きちんと調整してから寝るようにしましょう。音に関しても、出来るだけ睡眠の質を良くするためには出来るだけ静かな環境で寝ることがポイントです。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、ウォーキングです。ウォーキングは、短い時間でしっかりと全身を使い、適度の発汗と適度な疲れが得られるので、ストレス解消にはもってこいの運動方法です。しかし、ストレス解消は、長時間、毎日、行う必要はありません。身体的なストレス解消ができるか、精神的なストレス解消ができるかによって、どのような運動方法が自分に適しているかは変わってくるので、自分なりのストレス解消方法を見つけることが大切なのです。散歩やウォーキングなど、運動でストレス解消をする場合は、時間の目安として30分程度にとどめておくことがよいでしょう。ウォーキングは長時間にわたって行うと息切れが激しくなったり、身体を痛めたりしますので、適切な運動量や時間をきちんと守る必要があります。また、ウォーキングもあまり激しい運動になると身体的なストレスが身体的、精神的なストレスに変わることもあるので、あまり激しい運動は逆効果となります。ウォーキングが苦手な人や苦手な方は、室内でできる適度な運動である踏み台昇降などのストレッチから始めるのもいいでしょう。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、もちろん「寝具」のこと。眠りの質を左右するだけに、しっかりこだわりたいものですよね。そこで今回は、睡眠を改善すべく「さまざまな寝具」を調査!快適さをサポートする機能や、SNSで話題のアイテムなどをピックアップしてご紹介します。さぁ、ぐっすり眠って、快適な朝を迎えましょう♪【TABIZINE調べ】自宅やオフィスでPC作業が多い人は? なんと7割近くが「睡眠時の姿勢」で悩んでいるという結果に!! 自分に合った寝具に変えて改善するのが一番ですが、それができないときは…。こんな道具を使ってみては?◎ ぴったりフィットする“くーマット”● ぐっすり快適“寝台”● コップ型“ひまし油湿布” これなら、わざわざ病院に行く手間も、お金をかけることもナシ。上半身の圧力を分散してくれる足底板の機能を備え、自然な姿勢を保ちやすくなります。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました