どうして私には、性機能が低下してきたという悩みがあるんだろう? その原因や「不眠」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

不眠で性機能が低下してきたとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、自律神経のバランスがとれていることが大切です。そのために、大切なのは良質な睡眠をとるための時間配分ということになります。そして、この時間配分に大切なのは、寝る時間帯と起きる時間です。よく言われることですが、これはその通りで、身体が休むことのできる時間は、身体が起きることができる時間によって決まります。例えば、11時に起きたのなら、11時から14時までの4時間は脳も身体もフル回転で働いていることになりますから、寝るのが夜10時であれば、翌朝が5時か6時ということになり、朝7時か8時になれば、脳はまだ疲れていないことになります。ですから、朝7時に起きて、前日の夜8時にベッドに入ったのなら、翌朝は6時に起きるのが普通だと考えてよいということになります。逆に、起きなければならないのは夜9時か10時頃です。この時間帯に起きていなければなりませんから、体内時計は夜10時か11時にリセットして、身体をまたすぐに活動できるようにしなければなりません。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、一人でできるリズム運動です。体を動かすことはもちろんですが、リズムを取ることで脳の疲れがとれやすくなるのでおすすめです。例えば、簡単なリズム運動であれば、10回を3セット、1日に合計30分程度行うようにするとよいでしょう。また、同じリズムで手足の指を動かしたり腕をひねったりして行うのも効果があります。頭を動かしたくないときには、手だけを動かす方法などもあるので、好きな方法を見つけて実践してみるとよいでしょう。趣味に没頭するのもよいでしょう。趣味がない人や時間がない人は、脳を刺激する良い方法です。新聞やスマホを見て勉強する、またはテレビを見る、音楽を聴きながら掃除をするといった方法で構いません。ただし、長時間の勉強やスマホの操作は、かえって体に負担をかけてしまいます。短時間の勉強、あるいは手足だけ動かすことに注意して行うようにしましょう。毎日続けるためには、飽きさせない工夫をしてみることも大切です。楽器を演奏する、歌を歌う、テレビを見て笑う、などといった自分なりの工夫をしてみることで継続しやすくなります。リラクゼーションをするのもよいでしょう。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、しっかり眠るための布団であることは言うまでもありませんね。 布団はどれも同じようにみえますが、実は布団はそれぞれの特性に合わせて選ぶ必要があるのです。 この記事では、布団について掘り下げてご説明するとともに、おすすめの布団をご紹介。 より質の高い睡眠をとるために、ぜひお読みください。 目次… 睡眠を最高に楽しむための睡眠空間とは 睡眠環境とは… フローリングの床や畳に布団を敷いても良い? ベッドに布団を敷いてもいいの? 一日の疲れをとる眠りにはマットがおすすめ 腰への負担は? マットがマットレスと違う点は? ベッドから布団にするなら? 布団選びでいちばん大切なのは掛け布団 就寝時の湿度 フローリングの床や畳に布団を敷いても良い? 睡眠生活を振り返ってみます。 眠りをよくするために何を変えた、ということはありますか? ベッドに布団を敷いたら毎朝布団の上げ下げが面倒になった。 部屋を暖め過ぎて寒いので布団に入ってから暖めるようにした。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました