どうして私には、睡眠薬があまり効かないという悩みがあるんだろう? その原因や「睡眠障害」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

睡眠障害で睡眠薬があまり効かないとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、寝るのも食べものも、ストレスも3つのポイントしかないそうです。 1 朝食。その1:朝食を抜かない。朝のエネルギー源となるもの。炭水化物や蛋白質など。「しっかり食べて早く起きなさい」。 「運動」もその1:朝、早寝早起きをして、規則正しい生活をする。からだの代謝に必要なエネルギーを生み出す仕組みを、しっかりリセットして、からだを温め、体温を上げておくこと。 「睡眠」もその1:体温が1度低いと、免疫力は30%まで低下するそうです。夜、早く寝ること。 仕事が忙しいと、つい夜更かししてしまいますが、気をつけて下さいね。 1日がとても長く感じます。眠って、食べて、家事をして、好きなことをして、また眠りにつく。 1日18時間も寝ている計算になりますね。 でも「太る」原因はそれだけではないのを知っていますか? 今日は夜遅いので、また改めてまた書きたいと思います。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、ゆったりとした音楽をかけながら、ストレッチや筋力トレーニングをすること。筋トレのように体を思いきり使って、汗だくになる必要はありません。音楽とともに筋トレする、といった感じで充分リラックス効果を得られるはずです。ただ、自分ひとりではハードルが高いと思う人は、パートナーなどにパートナーになってもらいましょう。ひとりぼっちで悩んでいるより、ずっと有意義です。ただし、パートナーがいる人は、パートナーにもストレッチや筋トレを定期的にやってもらう必要があるかも知れません。ただし、やり方に不満をぶつけすぎないようにしましょう。仲良しだからこそ、なおさらお互いの不満が際立ちます。ちょっとした風通しのよいコミュニケーションが、あなたの「ゆる筋トレ」成功の秘訣です。普段から「今日はちょっと、筋力トレーニングがんばってみたい」とパートナーのモチベーションを高めておくのはどうでしょう。急に腹筋したり、高いところによじ登らなくても、普段から小さなことから少しずつ習慣化していけば、きっとあなたも筋トレを好きになるはず。ぜひ「ゆる筋トレ」で楽しくダイエットを始めましょう。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、それはシャネルにもある。パリのパン屋さんとしてスタートしたドシャネルは、オートクチュールの世界に身を置く際、睡眠の時間にも美を体現しなければならないと思い立ちました。時間単位が「0時」のパリ・モード界ならではの選択と言えるでしょう。それは、ジャン・ポール・ゴルチエの<ブルーハウス>もそう。<シャネル>のブルーハウスの創業者であるエディット・ピアフや<マリリン>のマリー・モンローのように、夜中でも客席を埋めるサロン、それがブルーハウスです。この場所からは、朝まで踊り明かすように楽しむ活気が感じられます。 <シャネル>は、創業当初から夜ごと夜ごと、新しい歴史を創ったと言っても過言ではありません。ランウェイで発表したアイテムで着るものがないときだって、顧客に対する愛情を示すためにスカーフを巻いて出かけて行ったりも。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました