どうして私には、睡眠で心と体を癒やしたいという悩みがあるんだろう? その原因や「睡眠障害」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

睡眠障害で睡眠で心と体を癒やしたいとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、寝る前にパソコンやスマホを視たりし過ぎないこと、寝る30分から1時間前には読書やストレッチをするなど、体を動かしたり、リラックスしたりすることも有効です。特に週末は昼寝をしたり、ゆったりと入浴するなど、その日の疲れと睡眠の質をよくとるよう工夫しましょう。また、眠る4時間前には部屋を暗くして静かに過ごすこと、寝る2時間前には食事を済ませておくことも大切です。湯船に浸かるのもいいでしょう。ただし、就寝前にアルコールを飲むのはNG。アルコールには血管を拡張させて血流を高める作用があるため、脳が興奮状態になり、眠りに入りづらくなります。飲酒した翌日は、肝臓機能の低下も影響するので、翌々日までアルコールを控えましょう。また、寝具や室温も大事です。眠っている間に、体内から熱を逃がし、適度な温度に保ってくれる寝具を選びましょう。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、誰かに話すことです。スポーツやドライブなどの体を動かしてストレスを解消するパターンも効果がありますが、話す相手がいることでより大きな効果を期待することができます。悩みや不安に思っていることを話すことで解消できる場合も、人の温もりが感じられるので効果は高くなります。誰かと会話をするなら、できるだけイライラしている状態から離れられるような人を選びましょう。嫌味を言い合ってもストレス解消にはなりませんし、怒鳴り合っているような状態ではさらにストレスを溜めてしまうだけです。イライラしている人と一緒にいるだけでは、ストレスが大きく増加するでしょう。誰かに話を打ち明けることで、ストレス解消になるという事実に気付いたなら、いいストレス解消法に出会えたことになります。人は嫌なことやショックを受けた時、自分の気持ちを強く表すことがあります。ですが、それがストレスになるならば、どのように向き合うべきなのかを考えなければなりません。ストレスがどんどん溜まっていき、日常生活にも支障をきたすようになります。そのため、まずは悪い行動や気持ちを抑えつつ、よい行動や気持ちを書き出しましょう。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、まず思い浮かべるのは「布団」ではないでしょうか?これは私も経験してきたことですが、布団は重いですし、スペースが必要なので家の中には収納スペースがなければ敷けないものです。また、ベッドは高いのでお部屋に持ち込めません。さらに、ベッドは寝返りを打てないのでその点で不眠の原因となります。それにベッドはお布団のように簡単にたためません。ただでさえ狭いお部屋にベッドを置くと、さらに狭くなってしまいます。マンションなどで収納スペースがない、新築だから収納スペースを作るなんてできないなんていう場合は、「敷布団・掛布団のみ」や、「敷布団・マットレスのみ」と、その寝具のみを置くことができる商品もございます。実際に私がご契約いただいたお客様もこのようなシンプルな使い方をする方が多くいらっしゃいます。羽毛布団があまりに高いので買い替えをしようと考えている、特に安いものでもいいから軽いものを探している方には、最適な商品となっておりますので、ぜひ一度この商品をお試しください。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました