どうして私には、眠れないのが原因で、鬱の症状がでるという悩みがあるんだろう? その原因や「睡眠」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

睡眠で眠れないのが原因で、鬱の症状がでるとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、寝る前の過ごし方にも工夫が必要です。日中に疲労をため込んだり、体の動きがぎこちなかったり、夜中に何度も目が覚めたりと、不眠の兆候が現れたら、原因を知ることも早期の改善につながります。 そこで、睡眠の質に悪影響を与えるものを紹介します。日中の姿勢 まず一番簡単なのが、寝るときに姿勢が悪いこと。体に負担がかかれば血流が悪くなり、脳が活性化されません。その結果、睡眠を妨げてしまうのです。 二番目は、枕の高さが合っていないこと。特に高すぎる枕は、首や腰などに負担をかけるため、熟睡できません。枕を改良したり、低反発素材の枕を使ったりする方法もあるでしょう。 三番目は、寝具の乾燥。湿度が60%以下になると、風邪ウイルスが活性化しやすくなります。寝る前に加湿器などを利用し、湿度に気を配ることも大切です。 できれば、自律神経の乱れを整えるツボを押して、安眠を得たいものです。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、新年会や忘年会などのイベントで盛り上がる席があることです。このような席では、上司や同僚と騒いだりお酒を飲んだりして楽しめますが、自分だけ楽しければ良いと自己中心的な振る舞いをしたり、友人や家族を巻き込んでまで騒いだりすると、周囲から注意を受けることもあるでしょう。また、上司の機嫌を取るために無理をしたりして、かえって上司の印象が悪くなってしまうこともあります。そのようなことがないよう、上司に配慮した振る舞いをすることが重要です。同僚と飲みにいく機会も、新年会や忘年会ほどではありませんが、職場の雰囲気によってはストレス発散効果が高い場合があります。このような場の雰囲気を悪くしないためにも、良い人間関係を保つために周囲への配慮は欠かすことができないでしょう。さらに、資格試験などの勉強をすることも、心身の健康に重要な効果があります。会社の中だけで頑張っても、なかなか力がついたり、大きな成果が得られたりしないものですが、資格試験であれば趣味の延長で受験することもできて、誰でも挑戦しやすいことが魅力の一つです。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、目ざまし時計や時計ですね。これがないと私は困ってしまうほどです。昔からいつも寝つきが悪く、いつも深夜までテレビやパソコンをいじってしまい、その上エアコンが効き過ぎて寝苦しいときなどは、布団の中にひそんでしまわないと全く眠ることができません。しかし、いくらリモコンで寝つきをよくしようと努力しても、いっこうに眠ることができないので、深夜0時を過ぎて初めて布団から出てスマホをいじるような日々が続いていました。そんな生活を続けていると、目も覚めてしまうので睡眠不足になり、徹夜などをすると日常生活がまともに送れないようなこともあり、とにかく目を覚ますものは何でも使って、なんとか寝なければならないと思い続けていました。そんな私がこれを一晩2回使うようになって、どのくらい寝つきが改善されたかと言いますと、これを使うまでは1番に目ざまし時計を立てていたのですが、今までは目覚まし1発で起きることが出来ていたのが、今は2回しないと起きられなくなってしまったのです。これは本当に夢ではなかったようです。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました