どうして私には、睡眠薬は副作用が怖いし、できれば飲みたくないという悩みがあるんだろう? その原因や「睡眠薬」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

睡眠薬で睡眠薬は副作用が怖いし、できれば飲みたくないとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、睡眠との向き合い方が重要です。寝る前の楽しみや安堵感、十分なリラックス感がないと熟睡につながりません。特に緊張性睡眠障害と概日リズム睡眠障害(サーカディアンリズム睡眠障害ともいいます)の場合には、早寝早起きで睡眠をリズムづける必要があります。また熟睡と目覚めの時間帯(ベッドや布団から出る時間)が重要です。たとえば1日じゅう緊張状態にあったり睡眠時間が十分にとれていても、目覚めが良い場合と悪い場合では熟睡感に違いがあります。これは入眠時間が浅ければ深いほど、その影響は大きいからです。目覚めが悪い人では、熟睡感という観点からも良い眠りを取り戻すことが不可欠なのです。これは睡眠のリズムを作り出すだけでなく、疲れやストレスを取りのぞき、精神と肉体のバランスを回復させます。また昼夜が逆転すると体内時計がずれるため、適切な治療を行わないと、不眠症やうつ病などを引き起こす原因ともなります。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、定期的に運動をすること、ペットを飼うこと、定期的に旅行に出かけること、仕事や趣味に没頭できるものがあることなどです。 ストレスを感じたときの原因をよく確認し、原因を見つけて行動すれば、少しずつストレスを減らしていくことができるでしょう。 健康のためにも、ストレスをためないように心がけ、毎日を楽しく有意義に過ごしましょう。そして自分の体だけでなく、周りにも気を配りながら生活することが、ストレスを溜めない秘訣です。 世の中にはストレスを溜めないようにするために様々な方法が紹介されていますが、自分ができそうな方法を取り入れながら生活していれば、少しずつストレスの負担は小さくなっていくでしょう。 自分の心と体を大切にして、元気で明るい毎日を過ごしましょう。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、少し前は枕でしたが、最近は室内で眠る方が多いためか、布団が安眠のカギを握っていると思います。綿布団などいい布団に寝ても、「ただ入っている」だけではもったいない!布団に丸く頭を載せ、首や背骨をしっかり支えてあげれば、ぐっすり眠れます。首や腰の血行も良くなり、新陳代謝も上がって、疲れの取れ方も全然ちがうはず。そこで今回は、肩から背中・首の部分をうまく包み込んでくれるリラックス感のある“ふわふわ&しっとり”の柔らかめ丸枕。体圧も分散する丸いフォルムを、お好みに合わせて膨らみや硬さを変えて楽しめますよ。カバーの柄合わせが、オシャレな雰囲気を出してくれます。また、中芯には、約5センチのものを入れており、芯のヘタリ具合によって、高さ調整が可能です。カバーは、同シリーズの枕カバーがあるので、買い揃える必要がありません。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました