どうして私には、お酒や睡眠薬に頼らないと眠れないという悩みがあるんだろう? その原因や「睡眠薬」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

睡眠薬でお酒や睡眠薬に頼らないと眠れないとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、寝る前にリラックスすることが大切。睡眠時の体にもともと備わっているリラックス効果のある「副交感神経」を優位にするためには、普段より長く入眠するのがオススメです。そのためには、就寝の30~45分前に入浴をしておくとベスト。ぬるめのお湯に浸かって、体がじんわり温かくなってから布団に入るようにしましょう。入浴剤やアロマをたいたりして、リラックスするのもいいですね。ただし、体温が上がりすぎるとリラックスに逆効果になりますので、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かりましょう。また、熱めのお湯が好きな人は熱いと感じる温度まで温度を下げてから入浴するといいでしょう。慣れてくると、水圧により体にかかる負担が減るというメリットもありますよ。入浴後は、なるべく早いタイミングで布団へ。布団の中が快適な温度かつ乾燥した状態になりますし、部屋が暖かい状態で入眠できるのもメリットです。また、肩まで浸かれるぐらいの深いお風呂は副交感神経を優位にし、足をのばせるような浅めのお風呂は交感神経を優位にするという効果もあります。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、好きなことをするのが1番です。何か趣味などを持ち、それを習慣化させるとそのことに対しての無気力感など、プラス思考の自分にいつの間にか戻っているでしょう。好きなことをすれば、気分がリフレッシュされますし、ポジティブな気持ちでいられることは間違いありません。ストレス解消は、人間の元気の素でもあるのですから、それを多く作ることが出来る方法のほうが望ましいことですよね。自分の好きなことが、スポーツや音楽鑑賞、その他のことなどであれば、一日でそれしかすることのない状態よりも長くつづけることが出来ますから、1日の中で強制的にストレスを感じさせないような方法にできれば、よい結果になることでしょう。それが、自分にとって無理のない方法なのですから、大きなメリットがあります。また、好きなことがないとストレスと感じるので、嫌々する趣味にするよりは、好きなことが見つけられるのであれば、そちらのほうがよいのですから、好きなことでストレスを解消でき、楽しんで生活していけるのであれば、よいことといえるでしょう。自分のペースで、好きなことさえ楽しめるなら、つらいこともそう多くはないはずです。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、カバンや上着、ベッドなどがありますが、よく眠るためにはそれらと一緒に寝袋も必要なのです。眠るための必需品と言えるでしょう。寝袋がないと寒いですし、快適とは言えないでしょう。そのため、きちんと準備しておくことが大切です。きちんと準備した上で眠りにつくようにすれば、より心地よい状態で眠ることができるでしょう。眠ってしまえば、カバンなどは持って行ってしまうことができます。着の身着のままで行けば、寒い中ずっと室内にいて眠るしかありません。気温の変化があれば、さらに体も寒さを感じてしまいます。そのため、寒いと感じない場所で眠りにつくようにしたほうがよいでしょう。暑いと快適に眠ることはできません。寒い場所だと快適に眠ることができるため、室内は快適な温度にしておくとよいでしょう。そうすれば、睡眠に入っても快適に眠ることができ、効率よく眠ることができます。そのため、しっかりと準備することが大切なのです。また、寒いと感じたときには、その場所に少し入ってしまうとよいでしょう。体温が下がってきたら、少し体を暖めておくと温かいですし、睡眠時の体温調節も楽にできるようになります。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました