どうして私には、眠れないのが原因で、薬やお酒に依存してしまうという悩みがあるんだろう? その原因や「睡眠薬」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

睡眠薬で眠れないのが原因で、薬やお酒に依存してしまうとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、体の構成要素である各細胞が細胞分裂して新生組織を作り出す”分裂”の働きをしっかりさせないといけません。細胞の分裂に必要なものはすべて、水です。すなわち、すべての原動力である水を補給することが大切なのです。原動力の水を補給するためには、水分子をイオン化してよく分散させた状態で摂取するのがベストです。その次に必要なのが、体をリラックスさせ、寝つきをよくする”睡眠”です。いずれにしても、脱水状態のまま朝を迎えるのは良くありません。体は朝一番に全身から水分を失い、その状態が数日続くと、脱水状態や睡眠不足からくる様々なリスクに晒されます。このことを『脱水時代』と名付けましたが、人間の生命を維持するうえで、脱水状態は避けなくてはなりません。ここでお勧めしたいのが、『脱水時代』の水分補給方法、すなわち「飲み物・料理・食べ物の3つ」に焦点をあてた「脱水予防」です。では、まず「飲み物」から見ていきましょう。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、五感を刺激すること。五感をフルに使い、五感から刺激を受けて楽しむことでストレスが発散できます。その中で、特に重要なのが、嗅覚。おいしいもの、好きな匂い、香りを感じていると、幸せな気分になりませんか?好きな香りをかぐと気持ちが穏やかになるのは、体にも心にも良い影響をもたらします。また、五感に刺激を与えることで、脳がリラックスし、幸福感を感じやすくなります。反対に、ストレスを感じている時は、交感神経を優位にし、体内の二酸化炭素を過剰に増やしてしまうため、よくありません。よいストレス発散法となるアロマを利用するのはお勧めです。リラックスできるアロマの中には、イライラを鎮め、怒りや悲しみ、不安などを軽減してくれるものもあります。よい香りに包まれながら、五感に刺激を与えることで、幸せな気持ちになれます。では、よいストレス解消法のためのアロマをご紹介いたします。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、睡眠薬や不眠症改善薬ですが、これは根本的な解決にはなりません。リラックスすることによって、ストレスが溶け、副交感神経が優位に立ち、脳から分泌されるホルモンが分泌され、安心を感じやすくなるという流れになります。副交感神経優位というのはリラックスできていれば誰にでも起こります。ただ、そのリラックス状態を得るためには十分な休養が必要になります。ストレス解消するには十分な休養を行うことが重要になります。さらにいうと、ストレス解消に運動も有効ですが、運動する時は体を動かし、脳を働かす状態を作ります。その際、低刺激の栄養を含む食品を食べて体から入る栄養を意識的に制限することで、ストレスに対する耐性を高めていきます。安眠のためにはよく眠り、ストレスに負けない脳を作り、適度な運動を毎日続けて疲労を解消させることが大切です。生活習慣の見直しで睡眠の質を向上させる、ストレスを解消する、この基本的なことを意識し続けることが必要です。安眠のチカラでは、そんな安眠のコツをわかりやすく紹介しています。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました