どうして私には、昼間に眠くなる。という悩みがあるんだろう? その原因や「不眠解消法」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

不眠解消法で昼間に眠くなる。とお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、就寝日の日中にしっかりと光を浴びることも重要です。脳が覚醒した状態ですと、深い眠りに落ちにくいと考えられています。30分くらい前からPCやスマホの電源はオフにしましょう。また、食事も眠る3時間前までに済ませます。食事の後は胃を刺激しますので、睡眠前にはなるべく控えるのが望ましいのです。光を浴びない方法としては、パソコンやスマホはつけないか、ブラックライトのアプリをさけましょう。テレビも脳を興奮させるため、ベッドに入る30分前にしましょう。読書や目の運動などもオススメです。運動が苦手な人は、歩いたり、ストレッチをするだけでもいいですよね。睡眠と運動の時間は短すぎず、長すぎずの状態が良いとされています。夜遅くまでSNSやメールをしたり、ネットサーフィンしたりしていると、脳が覚醒してしまうので、早寝早起きを心がけましょう。でも、寝る直前にスマホを見たり、運動をすることはありません。寝る直前まで、パソコンやスマホから離れる時間を作りましょう。毎日積み重ねることなので、やり続けるコツを学んでくださいね。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、適度な運動と十分な睡眠です。どちらも重要なのですが、ただ闇雲に運動をしても、適度な睡眠をとってもよい効果を得られません。両方とも大切なんです。どちらか一つだけでは悪い影響を与えてしまいます。適度な運動をするなら、無酸素運動と有酸素運動の両方をするように心がけてください。例えば、ウエイトトレーニングなどは無酸素運動ですが、ゆっくりと息を吸いながら腕立て伏せや腹筋をしてみましょう。そうすることで、心拍数が上がって体の筋肉が鍛えられ、基礎代謝が上がります。有酸素運動なら、散歩やジョギングやエアロビクスなどがあります。激しい運動をしてしまいがちですが、無酸素運動はむしろ体に負担になることもあります。ジムに行って筋トレするのも無酸素運動ですが、仕事が終わった後にウォーキングやジョギングをしてみるなど、少し運動を休んでおいて、普段は休眠しているところを動かすように心がけることも大切です。バランスよく規則正しくすることで、長く良い影響を与えます。運動は、辛いと思う運動ではなく、軽い運動から始めてみましょう。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、汗や汚れを吸い取って快適に過ごすための機能性とリラクゼーションのためのデザイン性の両面を兼ね備える寝具の役割を果たします。そのような機能性の高い寝具のベースとなるマットレスですが、私たちの生活を彩る寝室を飾るためにも様々な家具に合わせて快適なマットレスを選ぶ方法があります。マットレス一つをインテリアのトータルコーディネートの一部として様々な色合いや素材感のベッドの下に置いたり、棚の上に直接置くことで、すでにある部屋の印象を左右するインテリアとなっていくのです。そのようなマットレスは単に眠気をさそうだけの眠れるものと考えがちですが、見た目までこだわることで睡眠時間だけでなく起きる時間までもより快眠を約束してくれます。そんな睡眠やリラクゼーション、インテリアデザインに妥協しないマットレス選びですが、今回は質感と色が重要な役割を果たすマットレスをジャンル分けしてまとめていきます。これまでのインテリア雑誌のようにマットレスを買うというわけではなく、寝室をコーディネートするということで、新しいマットレスとの出会いから、初めて自分の睡眠スタイルを見直すきっかけになればと考えています。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました