どうして私には、ボケやすくなり、脳の働きが衰えてきたかもしれないという悩みがあるんだろう? その原因や「不眠解消法」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

不眠解消法でボケやすくなり、脳の働きが衰えてきたかもしれないとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、最初の夏のような日差しが差し込む時間帯に起床して、カーテンを開けて日光浴をすることと、晴れた日は太陽の光を浴びてから一日を始めることが重要です。強い日差しが差し込む明るい場所と明るい場所で目が覚めることで、体は「身体を目覚めさせるホルモン」を分泌します。さらに、午前6時から8時の間に太陽の光を浴びると、自然とすっきり目覚めることが分かっています。しかし、エアコンをつけている部屋では、このホルモンがうまく分泌されなくなることがわかってきました。さらに、夜更かしをしていると、寝る直前までパソコンやスマホを見ていることが多く、朝日を浴びないため、脳が覚醒して体にはよくありません。朝の清々しい気分で目覚め、夜更かしをしない生活を目指しましょう。朝ごはんにしっかり栄養素を取り入れることも、体内時計の調整に役立ちます。手軽に食べられるスムージーを活用して、紫外線にあたることなく朝1時間でもゆっくり過ごし、朝一番に「朝のさわやかスムージー」を習慣づけましょう。毎朝飲むだけなので、続けるのも簡単です。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、思いっきり笑うこと。人の顔をひたすら見るのもよいでしょう。好きな歌を歌うのもオススメです。話すのが嫌な場合は大きな声を出すのもよいです。とにかく、何でもよいので、心が安らぐ方法を見つければよいですね。もし、今のライフスタイルに満足がいかない場合は、思い切って休息期間をとってみてもよいかもしれません。自分のリフレッシュ方法をたくさん持つことも大切です。ただし、すべてが空回りしてオーバーワークになるのはNG。無理せず、自分のペース、スタイルを守りましょう。また、相手に気配りができそう。積極的に人の懐に入って、お世話を焼き、必要なことがあれば援助してあげられるはずです。とはいえ、相手にもペースがあって、その人のペースをいきなり乱してしまうのも考え物です。協調性を心がけましょう。また、興味のないものを頭ごなしに否定してしまわないように。価値観の合わない相手とはつきあわなければよいことです。また、近親者とのあいだにも摩擦が起こりそうです。相手を受け入れましょう。とくに、両親との関係は良好といえるでしょう。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、色々ありますが、やはり睡眠薬の入っていない安定した睡眠が一番ですよね。 トリプトファンの配合量が多く安眠に役立ちそうな睡眠改善サプリをピックアップしました。 あなたの睡眠状況と照らし合わせてみて、少しでも気になる商品があれば…続きを読む… 前ページでも書いたように、体を動かすことはストレス解消になります。 とはいえ、だからといって、急に走り始めたり、一気に激しく走ったりするのは禁物です。 ウォーキングやジョギングなら1分や2分やっても平気ですから、ちょっと早く出るだけでも充分な運動ができます…続きを読む… ストレス解消というと、すぐに思いつくのが筋トレですが、ちょっと待ってください。 筋トレは筋肉に負荷をかけて傷つけ、ダメージを与えて強化していくため、強度の高い運動と言えます。 もちろん、筋肉量が増えれば基礎代謝があがり太りにくい体を作る、ということ…続きを読む… 女性は男性もそうですが、食生活に気をつかっている方は多くても、睡眠にまでは気を使っていない方が多いようです。 実は、睡眠こそが若さを保つ秘訣といっても過言ではないかもしれません。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました