どうして私には、自分の人生を良くしたいという悩みがあるんだろう? その原因や「睡眠」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

睡眠で自分の人生を良くしたいとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、寝る頃までスマートフォンを使わないことです。スマートフォンの見過ぎには、こんなメリットがあります。詳しくは後ほど紹介しましょう。まずは熟睡したいときには、睡眠ホルモン「メラトニン」を減少させない方法を心がけることが大切です。メラトニンを増やす方法に関しては、次章の『「メラトニン」を増やすための4つの鉄則|生活の質を改善して快眠! 』を参照してください。熟睡できない夜には、生活習慣を見直して睡眠時間を確保できればよいのですが、どうしても難しいケースもあるでしょう。そういうときには次の3つの方法を、試してみることをおすすめします。1.アルコール・カフェイン・コーヒー・タバコを控える2.早めに布団に入り、質の良い睡眠をとる3.寝室の照明を薄暗くして、快眠ホルモンを分泌する環境を作る寝る前にスマートフォンやテレビ、パソコンを使うなら、長時間使い過ぎないように気を付けることも大切です。脳が興奮して、深い睡眠ができなくなると、それだけ熟睡することができません。また就寝前は興奮するようなことはせず、ぐっすり眠れそうな環境を整えることが大切。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、読書をして頭を空っぽにすることです。 暇つぶしに良い よいストレス解消法といえば読書です。 短い本なら、30分もあれば一冊を読めてしまうので、通勤時間や昼休みなどのスキマ時間を使ってサクッと読むことができます。 落ち込んでいるとき、泣きたいときに読みたくなる話 気分が落ち込んで、嫌なことを考えていて、泣きたくなってしまうこともあります。 男性は、女性よりもネガティブな性格になりやすい傾向があります。 上司の言うことを一々気にしていると、ストレスや不安が大きくなってしまうため、相手の反応は無視して、とにかく頭の中に持ち込まないことがポイントです。 泣きたいときにこらえられるようになりましょう。 「泣きたいときの対処法」と検索すると、100円ショップやコンビニ、ドラッグストアなどに売っているものが出てきます。 泣きたいという欲求があるということを受け止める ほかにも泣くという行動で感情を発散する方法があります。 感情を抑える もう一つのストレス解消法には、泣くという行動に頼ること。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、色々ありますが、一つ目は「気持ち」です。気持ちが安らかでなければ、いくら寝ようとしても、安眠はできません。ですから、寝る前は大好きな歌を歌ったり、ヒーリングミュージックで、心をリラックスさせて、良い眠りにつきましょう。そうすることで、落ち着いた気持ちで、眠りにつけるのではないでしょうか。心と体は互いに影響し合っていますから、心をリラックスさせることも大切ですが、何より大切なのは良い睡眠がとれることです。良い睡眠がとれること…はやはり、体を休めることが大切です。ですから、あなたは心も体も、眠っている間に休められるといいですね。そして、心が安らかで、安眠を得られるよう、心と体を休ませてあげましょう。体調が良くなることは、気持ちも明るくなり、自然と笑顔も増えてくるでしょう。これは、誰にでも起こる生理現象だと思います。ですから、気分が落ち込んだり落ち込んだりしてしまうのも、仕方がないことだと思いませんか?ですから、無理に明るく過ごすことは必要ないのかもしれません。ですから、無理をせず、気ままに生きる、それが、あなたが心から安心して生活できる条件になるのです。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました