どうして私には、自分の人生を良くしたいという悩みがあるんだろう? その原因や「不眠解消法」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

不眠解消法で自分の人生を良くしたいとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、寝る前にスマホやパソコン、テレビなどは控え、心身がリラックスした状態で眠りにつきましょう。瞑想やアロママッサージなど、入眠効果のあるアロマを焚くのもおすすめです。ストレッチをしたり、寝転んでゆっくりテレビを観たりするのも良い睡眠へと導いてくれます。寝る前にリラックスして、体も心もリラックスした状態で睡眠に備えたいですね。ホットミルクも睡眠に良いので、お好きな方は飲んでみてください。寝るのが遅い人や規則正しい生活が出来ていない人は、体が疲れにくくなり、疲れがとれづらくなります。寝る前にホットミルクをコップ1杯飲むのもおすすめですよ。寝る前も食べる、飲むはなるべく控え、食事は消化の良い物、なるべく夜寝る前に摂取するのは控え、朝必ず摂取するように気をつけましょう。睡眠にもダイエットにも、規則正しい生活がとても大切です。早寝早起きの習慣を身につけたいですね。夜寝る前に食べるのも、食べる物が偏っていると、消化や内臓に余分な負担がかかってしまいます。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、思い切り嫌なことを思い出してみることです。嫌な思い出の中には、良い思い出もあります。また、悲しい出来事や辛い思い出を思い出すことで、気分が明るくなることもあります。脳を鍛えるのにもよいとされています。嫌なことを思い出す時は、声に出しながらおこなうと効果的です。嫌なことをすべて声に出してしまうと、心がスッキリしてストレス解消にもなります。ですが、少し長い時間をかけて思い出さなければならないので、その分脳の記憶として定着してなかなか忘れないで済みます。嫌なことを思い出す癖をつけて、自分のためになるようにしてください。中には面白い思い出もあるので、ぜひ試してみて下さい。お笑い番組などを見て笑うのも、脳のトレーニングになります。ストレスを溜めないためには、ストレスを発散することが大事ですが、苦手なことを我慢しないことです。脳の疲れがたまると、ストレス解消のつもりが結果的にストレスが溜まってしまうので、嫌なことを何でも良いので発散する方法を見つけましょう。趣味の時間も発散方法になります。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、やっぱり枕。 人間は、枕の上に横たわって頭が自然と沈むくらいの枕に抱かれるのがすきです。 寝心地が悪いとついつい、ほかのことを考え、なかなか眠りにつけないのが大人。「ちょっとお昼寝するわ」とベッドに横たわっていた彼女もそんな1人。 30分ほど目を閉じてすやすやと気持ちよさそうな寝息を立てていました。 なんのケアもしていないと、朝起きると枕が湿っていた、なんて経験をお持ちの方も多いはず。 では、どんな枕がいいのでしょうか? 枕の素材、高さ、硬さ 睡眠において枕が基本となるもの その1は枕の素材。 寝心地や体圧をいかに分散するかが重要になります。 さまざまな枕の研究結果では、理想の硬さとしては柔らかめだと弾力性がある、硬めだと体にぴったりしているといいます。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました