どうして私には、イライラしたり、気持ちが不安定で人間関係もうまくいかないという悩みがあるんだろう? その原因や「睡眠薬(マイスリー)」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

睡眠薬(マイスリー)でイライラしたり、気持ちが不安定で人間関係もうまくいかないとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、寝てない事よりも、ぐっすりと寝れる事が1番大事です。 ですから、1番大切な事は、正しい知識を持って安眠できる環境づくりなのです。 正しい安眠対策をして、寝ている間に受けたダメージを癒やしてあげましょう。その為にやっておきたいことをまとめてみました。 ぐっすり安眠するための3原則を1つずつ詳しく見てみましょう。 安眠できる条件3: 環境づくり 今回は3つともクリアできそうですか? 安眠できるかどうかは、環境をいかに整えるかで変わってきます。まずはそのポイントをチェックしておきましょう。 ・自然の光を入れる ・照明の明るさを調整する ・湿度を調整する ・カフェインの摂取を減らす ぐっすり安眠するための環境づくりについて もう一度、確認しておきましょう。 環境づくりをする時に大切な3つのこと エネルギー調整の考え方 安眠のための3原則は先ほどチェックしましたが、それでは、エネルギーをどうやって調整するかは、どう考えればいいでしょうか? ゆっくりとした休息は、脳を休息させるためのエネルギーが必要になってきます。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、パソコンを長時間使用することより、小説やゲームです。あまり感情移入せず、目の前のことに集中するようにすると、思考がスムーズに回りますよ。ここで紹介したストレス解消法を日常生活に取り入れて、心と体の疲れを溜めこまずに乗り切ってくださいね!>寝るとストレスが消える?「寝ればストレスが解消される」そう信じている人も、多いのではないでしょうか。確かに、寝ると気持ちがリセットされ、気持ちが落ち着きますよね。しかし、実はこれは『錯覚』です。寝てもストレスを消すことは出来ないのです。では、どうすればストレスが消えるのでしょうか。ストレスは、脳が活性化したときに増加します。脳が活発に活動すると分泌される『コルチゾール』というストレスホルモンをしっかりと分泌させることが、気持ちをスッキリさせるために重要なことなのです。コルチゾールは、私たちが「頑張ってる」と感じているときに大量に分泌されるホルモンですが、分泌量が多い分、ストレスも溜まりやすくなります。普段は自覚がなくても、ストレスや疲労が溜まっているかもしれません。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、やはり寝具でしょう。最近注目されている無添加のシーツや枕カバーで快眠を得るというのも悪くない選択肢です。化学物質不使用で体に優しく、使っている素材も素晴らしいものです。ただし、ちょっと注意が必要です。それは、高級枕はメリットが多いのでそれだけで選ぶと睡眠の質が落ちてしまいます。たとえば羽根枕は、頭にフィットさせるため自然なリラックス感を生み出します。こうした健康効果を期待するならオススメできますが、気持ちよく眠りたい場合は低反発枕のほうがおすすめです。最近よく耳にするのはパイプ枕ですが、枕に慣れていない人は起きた時に肩こりや腰痛を感じることも。しっかり熟睡したい人は、柔らかい枕を選んで使い分けるようにしましょう。また、カーペットを敷く場合はビーズクッションなど凹凸があるものを選ぶのがコツです。シーツや枕カバーと同じく、凹凸があることで寝返りを打ちやすくなり、ぐっすりと熟睡できます。それから、快眠のためには枕にこだわることが欠かせません。枕を高くして寝ると、首をしっかり休めることができます。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました