どうして私には、ボケやすくなり、脳の働きが衰えてきたかもしれないという悩みがあるんだろう? その原因や「睡眠薬(マイスリー)」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

睡眠薬(マイスリー)でボケやすくなり、脳の働きが衰えてきたかもしれないとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、自然な面だけで気持ち良く眠れる寝室づくりが大切です。心地よいと感じる室温は15~20°C程度と言われており、それを下回るような寒すぎる部屋ではいびきをかきやすくなるでしょう。冬場は、暖房を切っても15°Cを超える事は少ないので、寝室にいびきをかかないための環境づくりをしておく事が大切です。冷えにより、上気道が狭くなっていびきをかきやすくなるので、首元を温めるといった対策も効果的です。他にも、エアコンの設定温度を1°C上げたり、眠りの質を上げてくれる入浴剤を入れたり、眠りやすい環境づくりを意識すると熟睡できますよ。対策ができたら、次は布団が乾いているかを確認してみましょう。いびきをかく方は、首元が蒸れて湿っているため、布団の中でも「いびき」をかいている事が多いです。そのため、乾燥や除湿を心がけましょう。エアコンなどはタイマー機能を使い、一定時間使用した後は自動で切れるようにしておくと安心です。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、読書。読書=集中 という短絡的な発想だけでなく、読書は「考えるトレーニング」にもなるのです。しかし、普段あまり本を読まない人にとっては、手にとるだけで集中できないかもしれません。本を読むと気分がよくなる人、それとも逆に気分が沈んでしまう人。読んでいる本って関係あるの? と不思議に思うかもしれません。でも、読書が思考に与える影響を知れば、不思議ではないことがわかるはずです。一体、本を読んでも読まなくても、よい思考力は養えるのか? どんなふうに本を読めばいいのか? 今回は、読書が持つ思考力と、その影響力についてお伝えします。 2. ストレスを克服するには?「読書」には、人の心を落ち着かせ、気分の落ち込みや、怒り、悲しみ、悔しさなどネガティブな感情を軽減させる効果があります。1.5 ストレスの原因となるネガティブな感情が軽減する そもそも、なぜ人はネガティブな感情を抱くのでしょうか。その答えは『脳の働き』にあるのです。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、多くの場合は睡眠薬。そして、夜中に急に目がさめてしまった場合は精神安定剤です。しかし、どちらも睡眠薬の一種であり、眠気が続くという特徴があります。なので、もし寝つきが悪く夜中に目がさめてしまっても、すぐにこれを飲んで寝れば、楽に睡眠に入れます。そして、それが当たり前とあまり考えないでください。これが毎日となると、自分だけでなく、家族みんなが不眠になるので。昼間はいままで通りの生活でも、眠気を覚ましたい時は無理して寝ようとして、イライラしがちなので、寝る環境もしっかりと整えましょう。そして、できれば寝る2時間くらいは前の食事はしない方がいいでしょう。なぜなら、あまり長く空腹な状態が続くと、食べ物の欲求も強くなって、眠気ではなく、逆に目が覚めてしまったり、夜中に気持ち悪くなってしまったり、胃が痛くなったりしてしまうからです。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました