どうして私には、夜勤明けで眠れないという悩みがあるんだろう? その原因や「睡眠」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

睡眠で夜勤明けで眠れないとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、目を離さないことである。部屋の照明を一日中消すこと。寝る前30分以内にテレビやスマホを見ないこと。布団に入る1~2時間前には寝酒をしたり刺激物を食べたりしないこと。布団に入ったら電気もテレビも読書を控えること。(他の人が書いたものだけど、これ、一理あると思うなあ。いいことづくめではなかろうか。)さらに(これは聞いた話だが)熟睡前にお風呂に入るのも実はあまりよろしくないらしい。これは入浴時間と睡眠時間が直結するからだろうけど、入浴後、急激に体温が下降することはあまりよろしくない。入浴後、体の中の温度を保持したまま眠るのがいいらしい。就寝時間を少し早くすることも一つの方法だそうだ。うーん、いいことずくめではないか。熟睡できるかどうかは精神的な健康が向上するかしないかということだそうだ。僕だけかも知れないけど、どうも不安でたまらない。でも今日は1時間ぐらいは早く寝れそうだ。なんか気分がよかった。さて。おやすみなさい。では。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、やはり運動です。ストレスにより交感神経が優位になると、肩や首の筋肉が緊張して、血流が悪くなったり、リンパの流れが滞ったりします。そうすると体が凝って老廃物をどんどん溜め込み、最悪の場合はこりから頭痛や、ひいては低血圧を引き起こすという人もいます。運動でストレスを発散させることも、心身の健康のバロメーターとなり得ます。特に運動不足を感じているという人は、ウォーキングやジョギングといった手軽にできるものから始めてみましょう。一駅分早歩きをする、など自分なりの工夫をしましょう。もちろん、忙しいときは一駅分歩くなんてことできないかもしれませんよね。通勤電車を徒歩に変えてみるというのもおすすめです。自宅でもできる簡単な方法ですが、階段を使う、エスカレーターを使うときは左右どちらかに立つ、座るときは足を組んで座らない、等のように、体の姿勢や動かし方を意識するだけで、無理なく運動量をアップさせることができるのです。ただ、体の冷えには要注意。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、その1つに「布団」と「枕」がある。ちなみに、睡眠環境によって寝返りの回数が違うと聞く。この違いについて、睡眠に詳しい睡眠環境コーディネーターの三浦和子さんに教えてもらった。睡眠とは“脳がリラックスしている状態”。ストレスや緊張などの精神的負荷がかかると、脳が活発になって、寝つきが悪くなることがある。そこで、「布団」は人の体重を均等に分散し、寝返りしやすい素材を使ったものがおすすめだという。「首や肩、腰などに負担のかからない立体構造がおすすめ。とくに首や肩のラインは、睡眠中のいびきや睡眠時の食いしばりの原因に。そのため、あごのラインに沿った布団や枕を選びましょう」三浦さんいわく、快眠のためにはマットレスを選ぶことも大切。「シーツなどをしっかりカバーして、上下を間違えないようにすることが大切です」。また、枕も頭の高さや首のカーブに合ったものを選びたい。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました