どうして私には、眠れないのが原因で、薬やお酒に依存してしまうという悩みがあるんだろう? その原因や「睡眠薬(マイスリー)」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

睡眠薬(マイスリー)で眠れないのが原因で、薬やお酒に依存してしまうとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、就寝。次に、快眠には、規則正しい生活と適度な運動、そして睡眠不足をリカバリーするための休息です。よく眠れなかった翌日は、体を休めることを第一に考えて生活しましょう。お風呂には、入らない方がいいかもしれませんが、睡眠不足が解消されている場合は、少しはお湯につかって体を労わってあげてもいいですね。ただし、体温が上がった状態では、なかなか寝つくことはできません。あまり熱くない程度に湯船につかって、体が温まった状態で、布団に入って眠りにつきましょう。寝つきが悪いのは、体温が上がったままになってしまっていませんか?朝は、コップ1杯の水を飲むこともオススメします。水分の代謝が活発になり、体のめぐりがよくなることで、深い睡眠がとれるようになるので、ぜひ試してみてください。不眠症対策のために、効果的な毎日眠たいと思ったら、ぜひ以下の記事も合わせて読んでみてくださいね。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、ゲームやチャットなどで他人と会話をすることです。他人と話をすることで、気持ちを打ち明けて共感しあうこともできますし、新しい情報を手に入れられることもあるのです。友達同士だけでなく、仕事の同僚や先輩後輩とコミュニケーションをとるのも、よいストレス解消法になります。仕事関係のコミュニケーションであるからこそ、話していてストレスを感じないことが多いでしょう。話す人を選ぶこともできますし、職場の中でも意外と会話の苦手分野はないものである、と前向きに捉えることもできます。仕事がうまく行かない、不満がたまっている、ストレスがたまる、という人は、ぜひ他人と話してみて、ストレスを解消できるようにしていきましょう。コミュニケーションが上手に行なえているかどうか、それは自身のセルフイメージに大きな影響を与えます。セルフイメージが低いままでは、よいコミュニケーションをとることもできないでしょう。上司や同僚との関係が最悪、という人は、まず自信をつけることから始めましょう。コミュニケーション能力というのは、一度伸びかけて伸びきれずにこじれてしまうとなかなか修正することができません。最初が肝心です。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、フワフワやフカフカの羽毛布団、枕や抱き枕ですね。これらを使用していれば、気道確保や深い呼吸はできますが、羽毛布団は、重いだけではなく、空気をきれいにしてくれることから、良質な睡眠には欠かせない寝具となります。 掛け布団は温度調整をするためのもので、ベッドマットレスで布団を敷き、毛布だけでは、しっかりと体を温めることができません。そのうえ、毛布などはかさばります。羽毛布団は、かさばらないだけではなく、暖かいというメリットがあります。そこで、羽毛布団について考えていきたいと思います。 布団は寝具の中でも、使用する高さが一番高いものです。また、フワフワ感があるなど、布団とは、適度な重さがありながら、素材が柔らかいものになります。これが羽毛布団で、体が直接触れることなく、羽毛の中にくるまれて、体を包みこんでくれます。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました