どうして私には、いつもぼーっとしてしまうという悩みがあるんだろう? その原因や「睡眠薬(マイスリー)」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

睡眠薬(マイスリー)でいつもぼーっとしてしまうとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、やはり大脳に刺激を与えず、エネルギーを使わないで過ごすことが出来るのがベスト。そのため、自然と眠るためには、太陽の光を浴びたり、活動することは必要なことです。ですが、それと並行して、食事内容を改善し質の良い睡眠を取れるようにするのも重要です。では、具体的にどのような食生活や運動を心がければ、質の良い睡眠を取ることができるのでしょうか? そこで本日は、一日の食事内容や運動で快眠するのに必要な5つのコツについて解説します。 目次1、脳の疲労を取り覚醒度をアップさせるために3つのポイントを磨こう2、朝食は糖質を摂ってエネルギーと覚醒をUPさせよう3、昼食は栄養バランスの整った軽めの食事を取ろう4、夜は質の良い睡眠が取れるように、質の良い照明で照明の量を減らそう 目次1 脳の疲労を取り覚醒度をアップさせるために 脳の疲労を取るには、日中の疲れを取り脳の覚醒度を上げることで 睡眠に入りやすくし、質の良い睡眠を取ることに繋がります。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、散歩、カラオケ、読書やDVD鑑賞、アロマを焚くこと、アロマを炊くこと、ウォーキングや、軽いジョギングなどです。自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。体調の不良も悪循環を招く原因となります。定期的な運動がおすすめですが、家でじっとしていられなくて、何か他のことに手をつけたくなることもあると思います。そんなときは、外出するついでに、気になる植物やお花屋さんなどに入って見て、花や葉や実やハーブを買い込むのもいいですね。または、書店で、少し難しいですが、きれいな書籍や雑誌などを見たりして、なにか元気やアイディアをもらえるものを探すのもいいかもしれません。好きなDVDや音楽をかけながら、好きな料理でも作ってゆったり過ごすのもいいでしょう。よく使うアロマテラピーの精油を少しさげるのもいいですね。好きなことをしながら、おいしいものを食べれば、気分転換にもなります。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、ベッドや枕、寝室やカーテンの遮光性のほか、灯りの数や明るさ、目覚まし時計のアラーム機能…など、様々な要素が考えられますが、実はその一つに「朝起きる時間」があるってご存知ですか?「もう起きてもう少し寝ていたい…」とベッドに入りながら眠りにつくのを楽しみにしている人は多いのですが、そんな「のんびりさん」におすすめなのは、少し早めにベッドに入り、眠りにつくまでの時間を過ごしてみること。そうすれば、「ベッドに入ればいつの間にか眠ってしまって、気がついたら朝だった」という経験もしやすくなりますよ。今回は、眠気のない朝を迎えることができるように、ベッドの中でどのような時間を過ごすのが良いのか、そのコツをご紹介していきましょう。快適なベッドタイムを過ごすためのポイントや、眠りに入る時間別の効果的な過ごし方も合わせてお伝えしますので、うまく活用しながら、心地のよい朝を迎えるための時間配分を考えてみてください。そのヒントはベッドの中にもあるかもしれませんよ。 まずご紹介したいのが、ベッドの中で行う「目的別のリラックスタイム」です。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました