どうして私には、「眠らなければ!」と緊張して眠れないという悩みがあるんだろう? その原因や「睡眠薬(マイスリー)」の悩みは自分で解決できないの?

スポンサーリンク

睡眠薬(マイスリー)で「眠らなければ!」と緊張して眠れないとお考えのあなた。

いま多くの方に読まれている、「自ら解決するためのマニュアル」の存在をご存知ですか?当サイトでは、このような悩みを「自ら解決する」ための教材・マニュアルを多数ご紹介しています。公式サイトには、同じような悩みを解決した人の体験談もたくさん載せてあるので、あなたの悩みも解決できるかもしれませんよ。

人気ランキング

不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

眠りを根本的に改善するセラピスト、茶谷清志さんによる「睡眠薬やお酒に依存せずに、朝までぐっすり眠れるようになる」癒やしのセラピーCDの紹介です。

不眠症からの脱出

あなたも、子どもの頃のようにスヤスヤ眠れるようになった方法を知りたくないですか?いったい、どんな方法なの?と気になった方は、今すぐ公式サイトをチェック!

睡眠でお困りなら「トップMBA式睡眠コントロール術」で不眠症を改善し、短眠法をマスター!

睡眠を「自由自在」にコントロールできたらなぁ・・・、なんて思いませんか?だって、人生の1/3は睡眠ですもの。不眠を解消し、睡眠時間と睡眠の質をコントロールして、毎日快眠!

不眠の悩み解決のためのお役立ち情報

熟睡するためにできることは?

熟睡するためには、体や心のゆがみを整える必要があるんです。その第一歩が自律神経を整えることです。体や心にゆがみがあると、神経のバランスを乱し、自律神経失調症などを引き起こします。また、ひどい神経の疲れや緊張・ストレスが続くと、うつ病になりやすくなります。心身の回復は、自律神経を整えることで自然に治っていきます。体を深部から温めて、自律神経をじっくり整えることが、最良の方法です。体の深部から温めるには、入浴がもっとも効果的です。湯船の中で体を温めれば、自律神経を整えやすくする効果が期待できます。また、食事内容の見直しも大切です。好きなものを好きなだけ食べたり、冷たいものばかりで体を冷やしたり、暴飲暴食が続いていませんか?食べ物によって体を冷やすものは、自律神経を乱しやすいといわれています。毎日の食事内容を3日間ほど、普段と全く違ったものにしてみましょう。すると、体が徐々に整っていきます。ぜひ試してみてください。疲れをリセットして、リラックス状態を作るために最適なお風呂の入り方をご紹介します。

よいストレス解消法としておすすめの方法は?

よいストレス解消法としておすすめなのは、好きな音楽を聴いたり、テレビで音楽番組を見たり、スポーツや散歩で体を動かしたり、ハーブティーを飲んだりと人それぞれでしょう。また、質の良い睡眠をとりましょう。良質な睡眠は質の高い疲れを引きずりにくくしてくれます。よい眠りの習慣をつけましょう。朝起きたら太陽の光をたっぷりと浴びて、日光を浴びることで脳内で「セロトニン」という、幸福を感じるホルモンを分泌し、睡眠時に分泌される「メラトニン」という眠気を引き起こすホルモンの分泌を調節します。ただし、日光には「ソラレン」という成分が含まれていて、このソラレンは紫外線の最大70~80%を防ぐ効果があるので、皮膚が白い方は朝の日光を浴びることをおすすめします。午後からは、夕方から夜にかけてを浴びる「太陽光」の浴び過ぎも紫外線の蓄積を招いてしまいがちになるので注意が必要です。

よく眠るために必要なものといえば?

よく眠るために必要なものといえば、それが“枕”です。枕なしでは、安らぐどころか、一日の疲れを癒すどころか、疲れが翌日に持ち越すことにつながってしまいます。そこで、様々な“肩こりや首のこり”を解決してくれる枕を探してみました。ぜひ、眠りのパートナーとして、お役立てください。 「枕が変わると寝られない」というのはよく聞く話です。朝起き… Read More ». 肩こり解消、疲れにくくするための対策をアドバイスしています. ここしばらく、何かと不景気風が吹き、日々“貧乏暇なし”状態ですが、それでもなかなか、忙しさに慣れません。そんな中でも、なんとか時間をやりくりして、忙しくても寝る時間は確保しています。寝溜めはできないにしても、疲れを取る睡眠は必要ですからね。 今回は、寝る前の生活習慣と疲れの取り方として、肩こりや首がこる前にできる対策について、専門家のアドバイスもお届けします。 肩こり解消のために有効な方法の一つに首周りのストレッチがあることは、すでに説明しました。

関連記事

わたしの不眠の悩み
不眠の悩みを解決する方法
不眠の悩みを解決するための人気マニュアル

タイトルとURLをコピーしました